モモです。


GW中に行った軽井沢のアウトレットでの話。
25,000円のワンピースが半額になっていたんです。
けれども、小心者のモモは1万円を超すお買い物は簡単にはできません。
ステキなワンピースを片手に店内を行ったりきたり。


すると!
タイムセールの呼び込みが!
「店頭値引き価格より更に20%オフで~す!」
一気に込み合う店内。
行列のレジ、試着室。


50%オフの20%オフで・・・30%で買えるってこと!?
7,500円なんて激安!これは買いだ!


と、ボルテージの上がる店内で、私は大きな勘違いをしてしまったのです。


『更に』20%オフって、わかります?

50%オフして、その金額の20%オフなので2回計算が必要です。
私は舞い上がって、50%+20%=70%オフとしちゃったのです。
金額が全く違ってくるんですよ。


これって算数の問題ですよね。
こういう単純な計算ができることが『前提』で数的処理が解けるようになるわけです。
(私、数的処理の先生なわけですが・・・)


私自身、算数・数学は苦手なのです。
だからこそ、こんな算数が苦手な方にわかりやすい授業を心がけています。


数的処理を始めようとしているあなた。
前提の算数がどのくらいできるかが鍵になることを知って下さいね。


因みに、1万円になったワンピースに後ろ髪をひかれつつお店を後にしたのでしたDASH!


https://www.zero-juku.com/