つい先日行われた2012平成24年度裁判所職員試験ですが


経済理論(マクロ経済学)の問題で


最初の問題(NO31)がいきなり経済成長論の問題が出てました   ウワア~


僕も大学生のとき、このあたり嫌~~な分野でした。



しか~し!!


実は意外と出題がワンパターンです



本問も


規模に関して収穫一定の生産関数→コブダグラス型生産関数を使おう!!


ええ~と


「お約束の変化率の公式」はなんだっけ?


?ΔY/Y=ΔA/A+αΔK/K+(1-α)ΔL/L


この式さえ覚えていれば、数字を代入して終わりです。




本問では資本分配率が25%なので、1-α=75%という部分は自分で計算の必要が

ありましたが、α+β=1ということを思い出せれば、出せたと思います。



計算すると


1% =  ΔA/A +0.25×2% +0.75 ×1%


よって ΔA/A=-0.25%が正解となりました



マクロ経済学で、経済成長論を嫌だ~と捨ててる人は多いと思いますが、


上記の?の式を覚えて、あてはめれば解ける問題が昔も今も繰り返し出題されています。


これから、国税専門官とか国家一般職、地方上級~と色々な公務員試験が始まりますけど、


経済成長論の上記の式は絶対覚えておきましょう!!



式を覚えてないと、→  →  点がとれません~