秋の気配もチョイ漂うものの、暑いお盆


先日、竹島問題がクローズアップされたばかりなのに


今度は尖閣諸島ですか・・・しかも今度は中国★


このネタもHOTすぎて今年の秋の市役所の問題には出ないでしょうが


ネットを見ていると色々な記事になってますネ


・現行犯逮捕、警察署へ移動


・米国はどちらの肩入れもしない 両国で解決すべき


・中国韓国は米国が日本を支援しないことを見透かしたうえで行動している


・民間レベルでは仲良く、領土問題は影響しない


・今回の中韓の領土問題、国会で党派を超えて国会決議を行おう


 などなど、楽観論、悲観論などなど早速様々な記事がワンサカ溢れています。




私個人としては今回の2事件があまりにもタイミングが良すぎて、ひとつながりにも思えるのが

なんか気味が悪いところです



公務員試験の試験科目に専門科目で国際関係という科目があります。

難問や細かい問題も多いので嫌な科目ですが、教養の国連ネタや時事ネタと結構リンクするので

教養試験だけの試験を受験する人も必ずやっておいたほうがいい科目です。


そこには「覇権論」「覇権国家」という概念が出てきます。


まあ、世界を支配する、リードする国みたいなイメージで捉えておけばいいと思います




私が大学生の頃に出版された古めの国際関係の本を読むと


覇権論は ~米ソ対立(冷戦)あたりで止まっています。。。。ウウ


ここで私の記憶をたどると・・・・





小学生の頃      新聞によく米ソ対立

             核保有数の米ソ比較なんかがよく出てたな

             大陸弾道弾とか

             核の冬とか スターウォーズ計画とか



中学高校の頃    興味全くなし




大学生の頃      中国は自転車がたくさん走ってるイメージ

              第二外国語は中国語が楽チン(漢字だから)

 


社会人         興味全くなし

             友達の数人は仕事でよく中国行ってるな~上海あたりに一度

             旅行に行ってみたいけど、上司がイマイチだったと言ってるしな~




しか  ~  ~  し


この間に大きく時代は、歴史は、変わっていたのです(私の知らないところで)


米ソ冷戦はとっくに終結し、



今日のネットの尖閣諸島の検索キーワードにも



尖閣諸島 アメリカ


尖閣諸島  米


が上位に来ています!!


ソ連が崩壊した今は、



完全に  アメリカ   VS  中国の 覇権争いがもはや誰の目にも明らかなのです。



尖閣諸島の問題は 実は日本の問題ではなく



アメリカ   VS  中国の 覇権争いが本質なのかもしれませんね?(→真偽は不明です)


チャンチャン (=⌒▽⌒=)