さて、今年の公務員試験もいよいよ残り火を残すばかりになって

来年の試験へ向けてそろそスタートですね??

さて、経済学入門の入門も4回目となりましたが

毎回、このネタの時はアクセスが急上昇しますので感謝するのと同時に

公務員試験ではみんな経済学嫌なんだな~と痛感しております。

ここ数年の最近の問題を見てますと、

特別区・国税⇒典型的な問題 20年前からあるような典型問題

        ⇒典型パターンを覚えれば十分合格レベルです

          いっときは国税はやや難しかったのですが・・・最近は・・・

 

裁判所職員・国家一般職など国家公務員系⇒理論的に難しくなってはいないものの、

                             数式をいじることに慣れていない人は失点してしまう

                             問題が増加傾向にあります

なので1典型問題のマスター  と

    2数式の扱いに慣れる

ことで、公務員試験経済学は是非8割以上を狙いましょう!!

さて、上記2なのですが

今回は

数式のいじり方におけるかっこ「  」の扱い方がテーマです

数的処理なんかにもリンクしますので、一気にマスターしましょう

たとえば

EX1)  1+2×5

     =?

EX2)  (1+2)×5

     =?

答えはみなさんわかりましたか?

間違えた人は基礎が出来ていません。

基礎が出来ていないと公務員試験の合格は難しいです

EX1)の答えは11

EX2)の答えは15     です


つまり、答えが違うのです

なぜか?

ルール1   足し算とかけ算ではかけ算を先に計算する


なのでEX1)では 答は15とはなりません

           正解は11です

逆にEX2)では 答は11とはなりません

          正解は15です

なぜか?

ルール2    たとえ足し算でもかっこ()があればかっこの中を先に計算する

があるからです