モモです。
ようやく仮免修了検定を受けられる日がきました!
3人で車1台、後部座席に次に検定を受ける人が乗り込みます。
私の番は2番目で、他2人の検定を見届けることになりました。
教習所に通う他の人の運転をこの時初めて知ることができました。
私、自分は相当へたくそなんだろうな~DASH!って思ってました。
が、皆そんなに変わらないんだ目とわかって一安心。
もちろん、他の人から私も同様に思われていることでしょう・・・。
さてさて、私の番がやってまいりました。
前に受けたことのある先生にあたってひとまず安心。
ゴツン。
うああぁぁぁぁっ、ぶつけちゃったぁ!!
ということは、ということは、切り返ししなくちゃ・・・。
コース前半で早くも登場したS字にうろたえる私ウキャー!
前輪がぶつかっているのか、後輪がぶつかっているのかもわからないあせる
ひとまずそのままバックしてみると、なんとかうまい具合に抜けられました。
これはひどい・・・。
これはもう不合格に違いない・・・。
諦めが混じると同時に緊張がほぐれ、ほぐれすぎてぐにゃぐにゃに?
最後の関門、踏み切り。
これは今まで問題なく通過してきたので、ぐにゃぐにゃのままゴー。
窓を開けるボタンをポチッ。
ウィーーーーーーン。
・・・・・エッ!?
後部座席の窓が開いてる??
「スススススススミマセン泣
検定中なのに、後部座席のおにいさんに謝る私。
コントじゃないんだから!と心では泣いておりました。
あ~、もう一回受けなきゃな~ガクリ
教習所じゃなくてコントの神が降りてきちゃだめじゃ~ガクリ
結果を待つ間、次回のスケジュールを既に考えてました。
S字以外にも小さいミスが結構あったんですよね。
そしたらば!
なんと、合格者を呼ぶ名前の中に私の名が!!!クラッカー
先生に反省点を伺いましたが、S字には全く触れず。
カーブでふらついていた点のみ注意されたのでした。
最後までやってみなくちゃわからないですね、何事も。
外を走る日がくるなんて驚きです。
またガンバローと心に誓ったのでした☆
Android携帯からの投稿